住宅の外壁を新しくするための情報サイト

外壁は一生ものではない

壁は生きている

皆さんは、家の外壁をじっくり見たことはどれくらいありますでしょうか?
雨漏りなどがない限り、あまり気にしてみることはないのではないでしょうか?
外壁をよくみると、ひびが入っていたり、汚れがひどくくすんでいたり、部分的にめくれ上がっていたりと、注意してみてみないと見逃してしまうことが多々あります。
そのままにしておくと、将来的には雨や雪で家の柱までもが腐食してしまうこともあります。
結果的に、家全体の寿命が短くなり、莫大な修理費が掛かってしまうことになりかねません。
家は生きていて、壁もまた生きています。
外壁が汚れていたり、傷ついていたりすると呼吸ができなくなったり、傷口からどんどん痛んでいきますので、なるべく定期的に見ておくことはとても大事なことと言えるのではないでしょうか?

外壁のちょっとしたメンテナンス方法

外壁は、年中無休で雨風にさらされています。雨風以外にも太陽の日差し、地域によっては雪や黄砂、害虫にも耐えています。
現状の外壁によってお手入れする方法は違うと思いますが、汚れを洗い流したりすることで、多少なりとも外壁の寿命を延ばすこともできるのではないでしょうか。
しかしながら、外壁材のコーティングに関してはどうしようもありません。
コーティングが落ちてしまっては、紫外線やカビなどの原因となりますので、そこはプロの方にお願いするしかないと考えます。
ですから、自分でメンテナンスする際もコーティングをはがさないように、高圧洗浄機などは避け、水や洗剤などを含ませた柄の長いスポンジ用具などで軽くなでるようにして、優しく洗い流すのがコツなのではないでしょうか。