住宅の外壁を新しくするための情報サイト

外壁には様々な種類がある

近年、外壁材は種類が増えて一昔前のように、モルタル一辺倒ではなくなったのではないでしょうか? 中には、クラシックやレトロなものが見直されて、人気を博しているものも少なくありません。 見た目か、実用性か、どちらの外壁が人気なのでしょうか、見ていきましょう。

外壁は一生ものではない

親の代で建てられた家は、古いもので50年以上経つ家もあるかと思います。 あまり年数が経ちすぎていると、リフォームなどを検討することもありますが、これが30年や40年程経過した家なら、家の状態に何の違和感も感じないのかもしれません。 しかし、外壁は思っている以上に劣化していると思われます。

外壁を新しくするとき

外壁は一生涯取り換える必要がないわけではありません。 ただし、自分でメンテナンスをすれば、多少は寿命が延びると思います。 しかし、自分の手ではどうにもならないこともあります。 例えば、ひび割れができたとか、塗装が剥げたなどなど、どうしてもプロの方にお願いしなければならないときはやってきます。

様々な外壁材

家の壁は、老朽化する。
ことさら、外壁は雨や風、地域によっては雪や黄砂などにも耐えています。
害虫が好む壁もあったりしますから、外壁を新しくすることは当然の事といえます。
ですから、なるべく長持ちする外壁を選ぶことも大事なのではないでしょうか?
とはいえ、外壁を選ぶにしてもどんな種類があって、それぞれのメリットやデメリットを把握しなければならないでしょう。
外壁材の種類ですが、多数ある中からごく一般的な物を挙げてみましょう。
まずは、サイディングと呼ばれる外壁材です。
外壁材は、耐水性に加えて火に強いこと、音漏れしないこと、耐震性があることも必要な条件になってきますが、このサイディングは、火に強く、耐震性に優れています。国内では、近年では主流になっておりますが、熱を吸収する性質があり、真夏の暑さに弱いところもありますので、あまり気温の上がらない地域がおすすめなのではないでしょうか?
モルタルと呼ばれる外壁材の名前は聞いたことがあるかもしれませんね。
モルタルは、セメントと砂を水と混ぜて作った物で、昔はよく使われていました。
耐久性に優れていて、加えて火にも強いことが挙げられます。
また、いろんな形をした建物にも使うことができるので、悩む必要がないでしょう。
他にも、いろいろな種類の外壁材がありますが、自分の住んでいる地域の気候などを踏まえ、工務店さんなどのプロフェッショナルに話を聞いてみることをお勧めします。